スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は充実の日。中華ランチたらふく食べた。

ペー子1歳1ヶ月 2009/07/16

叔母からの呼び出しを受け、祖母の家にパソコンの設定に行く。

手の届くところにパソコンがあるため、しきりにペー子が邪魔する。

キーは沢山あるのに、よりによって電源を押してパソコンを休止させるペー子。

腹立たしい。

が、割とスムーズに作業は終わった。

叔母がペー子と私に中華ランチをごちそうしてくれた。

ペー子チンジャオロースが大層気に行った模様。ピーマンだってガツガツ食べる。

他にも色々食べて(実はビールもちょっと飲んで)大満足。ごちそうさまでした。

↓食後楽しく遊ぶペー子
楽しい日


午後、ご近所の友がやってきた。同じマンションの同じ階に住むというのに、

なかなか会えなくて超久しぶりであり。

ペー子の同級生となる、半年違いのお嬢ちゃんがやってきた。

やけにペー子が巨大に見えてしまったが、ほほえみあったりして

そこそこ仲良く楽しんでいた。

楽しい日

もう半年ぐらいで、もっと遊べるようになるかな。楽しみだ。


 にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ ← 夜は魚で日本酒。やりたい放題だ、クリック。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

Comment 2 | Trackback 0

もうすぐ1歳2ヶ月。最近のペー子(文章のみ)

ペー子1歳1ヶ月 2009/07/15

久しぶりに体重をはかったら9.5kg。

つかまり立ちは日に日に増えてきて、積極性を増している。

少し移動するが伝い歩きと呼べるようなレベルではない。

ちょっとずつ進化しているので、最近ではあまり心配していない。


言葉も特にない。以前のマンマは偶然かな。

が、なんだかわからぬことをしゃべっている。そのうちなんか言うだろう。


ダメとか、ちょっとした注意で必ず泣く。

すぐにけろっとして機嫌を直す。

否定語はよくないようなので、言い方を変えてみるが、

注意されたということでやはり泣く。


パン、トマト、肉が好物っぽい。

ごはんを食べなくて困る、ことはない。助かった。

むしろなんでも食べる。量も多いように感じる。

相変わらず適当にとりわけて食べさせてるのできっちり把握はしてない。

手づかみで食べる。

つかんでほしくないもの(煮込みなど汁けのもの)は食べさせている。

スプーンで食べようとする。そろそろ毎回持たせてみるか。

ジュース類は、発熱した時や断乳直後などしょっちゅう飲ませたが、

今は全然飲ませてない。夫婦で飲まないから欲しがる機会もないのかも。

とはいえ、大人向けのあまいものなども大量ではないが食べさせてしまってる。

まじめにやっている方々からは眉をひそめられそうな状態だ。

そんな私でも一応気をつけてるのが、チョコレートと生もの。

よっぽど新鮮でおいしいと思われるもの以外は刺身は食べさせていない。

ま、生卵はすでに経験済みなんだけど。

チョコもなんとかとどまってる。先日危なかったが。

どのみち近いうちに食べるのだろうけど、おいしくて中毒性があるからなるべく遅めに

デビューさせたい。



1歳前後で頻繁に発熱したりしていたが、

断乳直後にやった突発性発疹以来大変元気である。

周りをみても同じような傾向があるように感じる。

一時的に免疫が切れた、というやつだろうか。

ともかくいつまで続くかと思った不調がおさまって、一安心だ。



一時、絶対に腹を見せない時期があった。動物の本能という話を見聞きした。

そのころはおむつ替えもはらばいで。1日中、すわっているか、はらばいか、ハイハイか。

今は腹をみせる。というか積極的にゴロゴロしている。

私たち夫婦の真似なんだろうか。

そのまま昼寝に突入というときも結構あり、楽である。

夜は抱っこなどなしで、ごろごろ転がった挙句に寝つく。最高である。



手を洗う、ごちそうさま、乾杯(これ、毎日私たちがやってるからね)

など、日常生活のことを覚えつつある。

布モノやらを持たせると、床を拭き拭きする。これも真似だろう。よい傾向だ。

お口拭いて、と渡すと、床を拭いてから口を拭く。まあ、いいや。

「ないない」も結構やる。遊びの延長みたいだけど、いいねえ。



乳をやめてから、ペー子がべたべたしてくることが増えて

目じりが下がりっぱなしである。

思えばあまりそういうことってなかった。

後ろからがしっと抱きついてきたりして、なんともたまらない。うれしい。



 にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ ← たまにはまじめに育児の記録。クリック。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

Comment 6 | Trackback 0

実家から帰ってきたら早起きな人に…。

ペー子1歳1ヶ月 2009/07/14

ここのところ早起きなペー子。

そんな早朝には私が使い物にならないを知ってか知らずか

ダンナに突撃。本日たぶん6時台、ダンナがペー子を撤収しつつ起きだした。

しめしめ、これでペー子に邪魔されずゆっくり眠れる。



【我が家のダンナの朝(おそらくこんな感じ)】

1人で起床。携帯の目覚ましをかけているが、あまり必要ない。

ざっと身支度。

新聞をとりにいく。ゴミの日は、ゴミをまとめて出しつつ。

インスタントコーヒーをいれ、オーブントースターでパンを焼く。途中でマーガリンをつける。

新聞を読みながら食べる。

トイレ、ひげそり、歯磨きなど身支度を整えて出発。

私への連絡事項があればメモを残したりもする。




1人でも忙しいのに、昨日・今日とペー子が投入され、超大変な朝タイム。

今日は出かけに「おむつ替え中にうんこまでした!」との掛け声付で、

ペー子を布団の国に戻らせて出社していった。立派なダンナよ。



8時半、ペー子に執拗にからまれるため仕方なく起きだしてきたら、

デジカメを使った形跡がある。

そんで新聞がない。とりにいく余裕がなかったと見える。


こんなん入ってた。

早起きさん早起き
早起き早起き

ペー子用にパンを焼いてきれいに切って、ソーセージも出してあげていたようだ。

頭が下がる。



朝、ダンナの世話をしないのは、新婚当初からの長い習慣なのだけど、

一応聞いてみたことはある。

朝ごはんの世話とかしたほうがいい?って。

断られた。

朝は1人でゆっくりしたいって。

朝ごはんはパン1枚でいいし、コーヒーも自分でいれるからいいって。

「朝弱い人(私:通常ぐだぐだ)が無理に起きて、不機嫌に朝ごはんの仕度」

とか

「朝から変にハイな人(私:まれに朝から元気)に、やいやいやいやい話しかけられる」

のがいやなようだ。

折角断ってくれたので、ありがたく朝は起きない。

どのみちペー子が幼稚園だの学校だの通うようになったら私も早起きしなければならないのだ。

必要がないときにまで無理してイラつく必要はない。


とはいえ、VERYの記事で「美人は朝作られる」とか

君島十和子氏の本とかで「家族が起きる前に自分の身支度を手早くします」とか読むと、

早起きしたい、と思うのだが。




写真の朝食は朝7時ごろのことだ。

その後9時半に、相変わらずテーブルに出しっぱなしだった食べかけのパンを

ペー子が食べたがったので食べさせた。朝ごはんパートⅡ。

そんでもって11時前には昼寝開始。うれしいなあ。

早起きだったものね。


 にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ ← なんだかひどい妻って感じの記事になった、おかしいなあ。クリック。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

Comment 10 | Trackback 0

ペー子&ダンナ実家へ。寂しさを酒で紛らわせる?私。

ペー子1歳1ヶ月 2009/07/13

土曜夕方、ダンナおかあさんが迎えに来てペー子&ダンナは二人で実家へ。

残された私は…

「断乳して落ち着いたら久しぶりに友人と飲みに行く」を実現。


おおう、かわいいペー子よ、しばしのお別れよ。
ロディロディ
ロディロディ



すごーく楽しみにしていたのだが、二人が行ってしまうと

突然さびしい気持ちに。

気を取り直して、ネイルを塗ったり(イネスが塗ったほうがいいってよ)

髪を巻いたり、いつもなら引っ張られるような長いピアスをつけたり、

ヒールのサンダルをはいたり(これまたイネスがヒールをこわがらないで!って)

いざ、超久しぶりの夜の街へ。



結局3軒はしごして、久しぶりの夜の時間を堪能。

やはり酒に弱くなっているので、水をはさんだりして、慎重に飲んだ。

が、最終的にはやはり酔っぱらっていたようで、シャワー後、水も飲まずに寝たところ

軽く脱水症状みたいなのになった。酒が入ったら特に水飲んで寝たほうがいい。



翌朝、普通だったらだらだら寝ているのだが、やはり気になるペー子の様子。

洗濯と身支度を済ませて10時にダンナ実家へ。

夜中に一度起きて1時間半ほど泣いてしまったようだが、

それも別に私の不在が理由ではないようで…。

久しぶりに会った私にも、大して反応は見せず、せんべいを食べていた。

それまで普通に遊んでいても、私を見た瞬間不在を思い出し、

うわーんと泣いてすがってくる、という感動の再会を予定していたのだが、なんとも肩すかし。

抱っこして頬ずりしたりと愛情を示してみたが、

いとこのおねえちゃんと遊びたいらしく、バタつかれた。

あっさりしたもんだな。



お庭ではじめてのプール遊びなど、盛りだくさんに楽しくて忙しかったようだ。




夜はダンナとではなく、ダンナおかあさん&いとこのおねえちゃんと寝たという。

が、夜中いとこのおねえちゃんがとんずら(おかあさんがそう言ってた。)して

自分のママが寝ている部屋に行ってしまったとのことだ。

夜泣き中は、ダンナ抱っこ&おかあさんおんぶで対応したとのこと。

大変御苦労をかけてしまった。

これがなければ、いつでもペー子おばあちゃんちに泊まれるのだけど。

どうだろう、今後。お盆にはまた泊まりに行くのだ。


 にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ ← 友達と夜歩いてるのが、なんだか不思議だったよクリック。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

Comment 2 | Trackback 0

餅投げは楽しい。痛いけど、愉快、愉快。

ペー子1歳1ヶ月 2009/07/11

前記事にて書いた、友人宅の建前(餅投げ)に出かけてきた。
たてまえ

立派である。建つのが楽しみで仕方がない。

我が家からのアクセス抜群なのだ。

入り浸ってやろう。


「しましま(の服)に向かって餅を投げろ」と連絡しておいたとおり

餅が降ってきた。やたら降ってきた。

餅ぶつけられたり、キャッチできなかった(ほとんどとれない)餅を

あわあわ拾いまくったり。

何年ぶりだろ。軽く20年以上ぶりぐらいだ。

投げたほうもそれはそれは楽しかったようだ。興奮しておりてきた。

しましまが必死な様子や、近所の小学生が狂喜してる様などがかなり笑えたようだ。

確かに楽しそう!


同じく子連れの友人と共に行ったのだが、子たちは施主である友のお母さんが

みていてくれた。よかった、あんな危険なところ(何しろ餅が頭にあたるのだ)に

連れて行けない。



帰りに子連れ友人が、大工さんから

「四隅の餅」(※4つしかない。大きい。これを拾うと縁起がよいと言われる)

をもらっていて、ちょっとジェラシーだった。

たんまり餅は拾っていて、それ以上欲しいのかと言われると、そうでもないのだが

大工がイケメンだったからだろう。

子連れは同じ条件であったのに残念だ。


餅投げの写真は無い。はりきってデジカメもっていったのだが、

餅拾うのに忙しくて写真など撮っていられなかったのだ。

着いてすぐ撮った餅投げ前の落ち着いたシーン、1枚きりだ。



 にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ ← 帰りに白いたいやきを食べた、ペー子もね。餅とかぶる。クリック。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

Comment 2 | Trackback 0
| ホーム | 次ページ
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

OTHERS

TAG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。