スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おニャン子

ペー子5歳 2014/05/12

ペー子もうすぐ6歳。あっという間だった。

最近ではほとんどのことが自分でできるようになった。

お風呂でも自分で髪を洗う。

写真を撮るのも上手になって、iPhoneもデジカメでも使いこなす。

ペー子写真館。
IMG_140512pe0001.jpg

ペー子が猫のことをたまにおニャン子って呼んでいる。

自分の晴れ姿もパチリ。
IMG_140512pe0002.jpg

動物園では白クマをパチリ。
IMG_140512pe0004.jpg IMG_140512pe0003.jpg

昨日の日曜はダンナがマンションの総会出席のため、

女子だけで動物園に行っていたのだ。
IMG_140512pe0005.jpg

観覧車でごま子ギャハギャハ大笑いであった。



なんというかペー子がしゃべりが達者になり、面白さを増してきた。


ごま子をあやすのも上手。

「おかあちゃんがな、パイパイくれるからな、ちょっと待ってな、よしよし」


おかあちゃん…

今まで一回もそんなふうに呼んだことなかったよね…

誰も呼んでないし。

なぜかごま子に話しかけるときだけ、おかあちゃんになる。


いいけど…

私だけおかあちゃんなのは納得いかん、パパのこともおとうちゃんと呼んでくれ


そうペー子にクレームしておいた。




先のセールでペー子の服をいくつか購入。
  

長袖をあまり持っていないので、ペー子の好きそうな派手柄を。

綿じゃなかったな…。

春夏用の薄手のカーディガンは水色を。これはほんとよかった。


ペー子、「いいじゃん、いいじゃん、センスいいじゃん!!」とのこと。

気に入ってくれて何より。

つーか気に入らないと着ないから困ったもんだ。



▽ブログ人気ランキングに参加しています。一応。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
スポンサーサイト

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

Comment 0

サンタのくれたプレゼントは絵具パレット。

ペー子5歳 2013/12/30

サンタさんから絵具パレットをもらった。早速きれいな絵を描いた。
IMG_131225chr0002.jpg

25日の朝、枕元にサンタさんが置いてくれていたのだ。

ゴージャスな包み紙。

後に私には、サイズ的にポケットデザイナーかと思っちゃった。と語っていたペー子。


でもとてもうれしかったそうで、興奮しながら私を起こして話してくれた。

朝はダンナとペー子が早起きで、私は起きていないことが多い。


その夜、ダンナから聞いた話にはたまげた。

包み紙をあけたペー子「わーーー!!」と喜びつつも、

ボソっと「たいしたおもちゃじゃないな…」とつぶやいたそうな。

ダンナに聞かせるつもりでもなく、ひとりごとで。



おそるべしペー子。



確かにたいしたおもちゃじゃないね。

アイカツギターもらったんだから、もう、いかにも!なおもちゃはいいじゃないか。



それにしても、笑った。

いいぞ。本音と建前を使い分けて生きていくがいい。



ダンナのいもうとさんからは靴をもらった。

リボンにキラキラに。ラブリー!ペー子が選んだ品らしい。

ようやく水ぼうそうから回復したので、ここのところ毎日履いている。
IMG_131225chr0001.jpg


話かわるが、この写真のような上目使いが問題だ。

アイパッチをするようになってから顕著なのだ。

眼鏡の上から見てしまっているので、治療にならない。

口をすっぱくして注意している。

1日中言ってたら、最初はぎゃーぴー泣いていたけど、

ようやく少し気を付けるようになってきた。


めがねをかけて見ること=弱視の治療

なので、今後も注意していきたい。

あんまりこの状態じゃせっかくアイパッチして片目の視力を上げるように

がんばっているのに意味をなさなくなってしまう。

眼科医からも厳重注意。

6歳くらいまでが弱視治療のリミット(その後も少しは上がるけど…)

と言われているので、特に気にしたい。6歳まであとわずか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

Comment 0

ペー子5歳水疱瘡(?)の記録。

ペー子5歳 2013/12/21

■火曜夜 

腹に5つほどボツボツを発見 

小さな水ぶくれ状のものもある。水疱瘡の初期症状を疑う。


■水曜朝 

ボツボツは増えていないが、やはり心配なので病院へ。

お医者さんも水疱瘡だと思う、と診断。

デカイ水ぶくれもないので、水をとって検査できないから絶対にとは言えないそう。

1日4回の飲み薬を処方され、帰宅後すぐから飲み始める。


■その後

ボツボツ増えない。他の症状も出ない。熱も出ない。

けど、翌日水ぶくれ状のものがはぜて、その翌日か翌々日にかさぶたになった。

だからやっぱり水疱瘡なのかな~。


土曜撮影。この距離じゃ確認できないほどのボツボツ。
IMG_131221mizu0001.jpg

へその上の方と左に1つずつ確認できるだろうか。かさぶたになったもの。
IMG_131221mizu0002.jpg


確か予防接種してないと思うのだが、何この軽症ぶり。

早めに薬飲んだのがよかったのか、そんなもんだったのか。


赤子抱えてる今、看病の必要がない状態というのはほんとにありがたい。

やったねペー子。えらいぞ。強いぞ。



ばあちゃんじいちゃんからの前倒しクリプレのギターで大喜び。
IMG_131217gui0001.jpg


たまたまペー子の親友も同じものをサンタさんにリクエストしたとかで、

新学期ますますおともだちと話が弾みそう。


しかもその話、FaceTimeでテレビ電話してる最中に聞いてた。

5歳児の友だちづきあいIT化。


ていうか、水疱瘡で出禁状態のペー子に、

おともだちのパパが気を利かせて、

FaceTimeで遊ばせたらどうかと提案してくれたのだ。



私感激。タダだしさ。

ペー子も大喜び。大いにおしゃべりが弾んでいた。

テレビ電話だから家にあるおもちゃやごま子(1ヶ月)を

映してみせたりもできるわけで。

でも水疱瘡はうつらないし。言うことなし。すばらしい。



それにしても、たまたま身近で水疱瘡があったから、

ほんの少しのボツボツでも、もしやと思い早く病院に連れて行くことができた。

早く薬を飲んだ方がいいらしいのだ。

だからペー子軽症なのかも。

話を聞いてなかったら水疱瘡などとは思わず普通に幼稚園行かせてしまっていたと思う。

そういう意味でも気づけてよかった。

ありがたいことだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

Comment 0

1ヶ月健診終了、そのころペー子は腹痛を訴えた。

ペー子5歳 2013/12/11

先週ある日の夕刻、ペー子が腹痛と気持ち悪さを訴えた。


ノロ!?感染を広げないようにせねば。

赤子もいるのに病院はどうすりゃいいんだ。

重篤な病気だったらどうしよう!?


など瞬時に私がパニックに。

母親歴5年とも思えぬ慌てぶり。


というのもペー子はうんこ系の腹痛(うんこすれば治る)以外の不調を

訴えたことがないのだ。

3歳くらいからたはまに発熱することはあっても、痛みを伴う病気はしない。

だから私の方が病気の子どもに対する免疫がなくなっていたのだ。


最初は仮病と思ったのだが、どうも違う様子。

痛がりぶりは激痛というほどではないものの、結構つらそう。

へそ辺りが痛い。

痛い時間と痛くない時間がある。

気持ち悪いけど吐くほどではない。

うんこは出ないし、あたためても治らない。

とのことだ。


まだ産後の床上げをしていないので、

リビング脇の私の布団の上でしばらく痛がっていた。

その間私は病院やダンナに電話して診察時間や子どもの状況などの

確認をしたり、報告をしたり。

病院はすごく近所だけど5歳の子と首のすわらない赤子を抱えて行くのは無理だから

タクシーを手配して…など思いを巡らせていた。

幸いダンナがすぐに帰ってこれるとのことで、帰宅を待つことに。

その間にペー子がこてんと寝てしまった。

気を失った感はない。気持ちよさそうにすやすやと。


あれ?あれれ?

超痛かったら寝られないだろう。



それが夕方のことだったのだが、

晩に少し起きたけどごはんも食べず(食べられず)寝室へ。

その後もたっぷり眠って翌朝はごはんをもりもり食べて元気に幼稚園へ。


その日から数日似たような状況が続いた。

毎日晩飯がスルーされてしまう。

どうしたものかと、おやつを減らして晩飯の時間を早めたがそれでもだめ。

それまで超元気でも、さあ食べましょうとなるとおなかが痛い…と。

そのうち、「もうお腹は痛くないけど晩ごはん食べる気がしない」

などと言い出って寝てしまうように。

まじか。

こんなのはじめて。

しっかり食べて免疫つけとかないと風邪ひくって幼稚園からのお便りにもあったぞ。


やきもきした日々を過ごしていたら、

週末になって5日ぶりくらいにまともに晩飯を食べることができ、平常に戻った。


なんだったんだ。

ここのところ幼稚園で、

かけあし、なわとび、うんてい、鉄棒をがんばっているようだから

疲れていたのかもしれない。

それと、本人も意識していない赤ちゃんがえりの合わせ技だったのではないだろうか。

あくまで推測だが。




昨夜も私の作ったひじき煮を「おいしいおいしい」とばくばく食べていて、

心底ほっとした。喜ばしいことだ。

念のため晩飯の時間は早めたままだけど。


▽画像は生後5日。
 動かした手が偶然口と鼻の穴に入ってしまい慌てふためいているところ。
IMG_131107seigo0001.jpg


ところで1ヶ月健診。

元気に肥えているとのことだ。

といっても増えっぷりが平均よりやや多めというくらいだそう。


私の1ヶ月健診も終わり、久しぶりに湯船につかって風呂を楽しめた。

ペー子たっての希望でここ2日は一緒に風呂に入っている。

「ママと入りたい」

って言われたの久しぶり。

めんどくさいけど、こう言ってくれるのもあとわずかかも…と思って承諾。

いつもはぐずぐずしているのに、

私と入りたいから、ささっと支度して風呂に向かうペー子。

なんとかわいいことか。


毎晩酔っぱらって自分の入浴や歯磨きさえ満足にできなかった私が、

40歳になって、赤子の沐浴をし、上の子と風呂に入る。

自分以外に2人の入浴の世話をやいているだなんて。

人生何が起きるかわからないな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

Comment 0

弱視の治療でよい方の目をアイパッチで隠して暮らす日々。

ペー子5歳 2013/11/27

出産前のことだが、眼科にて左右の視力に違いが出てきたので

アイパッチを試しましょうということになった。

良い方の目を隠して生活し、悪い方の目を鍛えようということらしい。

眼科で用意されたのはシールタイプのもの。

肌色が絶妙でそれを貼ると片目&眉毛が全くないように見える。

ペー子曰く「のっぺらぼう」

そのうえ粘着力が半端ない。

いろいろ工夫したが剥がすときにはやはり痛く、

よく泣くから蒸れたのか、かぶれてしまった。


困ったなあと思っていたら、盲学校の先生をしているいとこがよいものを紹介してくれた。

ジョイパッチというもの。ジョイパッチのHPはこちら
IMG_1311220002.jpg

パンダちゃんをゲット。

眼科の先生からも、いいものあるんだね、と褒められたそうな。

悪い方の目、すこーし視力あがった!


洗い替え用にもう1つ購入した。もうしばらくは片目の日々となる。
IMG_1311220003.jpg

がんばれペー子。



こういう商品を作ってくれてありがたいことだ。

だいぶ気持ちが和らぐ。


近所の人も「どうしたの?」と声をかけてくれて、

「がんばってるんだね。偉いね。」と前向きな言葉をくれるのでとてもうれしい。


幼稚園では先生にお願いして皆に説明してもらった。

1、2日は周りのおともだちにあれこれ聞かれたようだが、

今はごく自然に過ごしているようだ。


まだ球技もやらないし、平均台なんかもやらないので園生活に支障はなさそう。


これで視力が上がってくれたら万々歳だ。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

Comment 0
| ホーム | 次ページ
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

OTHERS

TAG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。