スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食器を買うにあたって考えてみたら、うちって地味飯。

キッチン改善 2013/09/05

食器が何か足りない。

数は足りていると思うのだけど、我が家の暮らしにあった肝心のサイズのものがないような。

でも数はあるのでなんとかなっている。

しっくりこないだけで。


何にでも使いまわせるものを安くという観点で買い求めた食器たちは、

使いやすく出番も多いけど、結局のところ気に入らない。愛せない。

心浮き立たない。おいしそうに見えない。



シンプルライフで物を増やしたくない、という気持ちは一貫しているので、

好みの物をどんどん買い集めたりはしたくない。

食器自体を片づけるのが面倒になるのだけはいやだ。



そんなわけでちょっと前は食器のことで頭がいっぱいであった。

図書館で借りた「温故知新 日本メイドよりぬき台所道具」はよかったなあ。


中でも土井善晴氏のページはうならされることが多かった。
IMG_130725dougu0001.jpg IMG_130725dougu0002.jpg
IMG_130725dougu0003.jpg IMG_130725dougu0004.jpg

ゆきひら鍋が欲しくなったけど、我が家がIHなので少々状況が異なるようだ。

そうだ、食器の話だった。


最初は、洋皿が欲しいと漠然と考えていた。
 

特にディーププレート(深皿)が欲しい。

パスタやポトフ、カレーなどに使えるもので、

盛り付け時に美しく見えるようにリム付きのもの。

リムなどという言葉も、今回食器のことをいろいろと調べるうちに覚えた。

よそゆき感がでるので、普段使いならリムがない方がよし、とする場合も多いようだ。



しかし、その後借りたこの本「温故知新 料理とうつわのいい関係」の


このページを見たときに悟った。
IMG_130725dougu0005.jpg

うちのごはん、これだ。

普段のごはんは地味飯。一汁一菜はしょっちゅう。和食。

こういうときにしっくりくる食器が、我が家にとって今いちばん必要な食器だったのだ。


たまたま上記画像に出てくるのと同じ器を見つけたので買ってしまった。

美濃のちゃわん屋さん 古林恩羅院にて945円。

食器は基本的に白か、白+紺、黒 にしようと思っていたのだが、

簡単に揺らいだ。

ちなみに黒は、以前買った黒があんまりいい感じに使えていないので今後はナシ。

最近読んだところによると、黒い食器をうまいこと使うのは難しいらしい。




ある夏の日の晩飯。豚冷しゃぶを青白花型皿に。
IMG_130724jimimeshi0001.jpg 
  
左は激安小鉢、右は白山陶器ベーシックお茶わん。


というわけで、中サイズの和皿や小鉢を購入して、ちょっと落ち着いたのであった。

買い物は大正解で、今までしっくりこなかったおかずの盛り付けが、

うまいこといくようになった。


そのうちディーププレートも欲しいが、普段の食卓がグレードアップすると、

気持ちが落ち着くものだ。

イベント時に必要な物よりも、普段使いのものを納得できるものにすることのほうが

優先順位を高くすべきだと実感。



「温故知新 料理とうつわのいい関係」には、

大好きな宮脇檀氏の、長女宮脇彩氏が掲載しているということで、
IMG_130725dougu0006.jpg

図書館からウキウキと借りてきた。

なるほど~。さすがだ~。

ジノリだの、有田焼だの、早速欲しくなってしまった。



著書もいくつかあるようで、これは図書館で借りられた。


年もけっこう近いのではないか。なんだかうれしいな。

「かっこいいことはいいことだ」と幼いころから独特の教育を受けてきた宮脇彩氏。

昭和の話だが、テレビを買う際に

「映らなくてもいいからカッコイイやつを持ってこい!」と言ったとか。

家電を選ぶ際にデザインがいやだなあと思うたびにこの言葉を思い出す。

実際動いてくれないと困るけど。


宮脇檀氏の著書には家事育児のことなどがふんだんにちりばめられていて、

特に娘さんのことはたいへんなかわいがりようであった。

グルメで料理上手な父により、おいしいものをたくさん味わっている様子であった。

その彼女がどんな大人になってどんなふうに暮らしているのかな、

と興味しんしんであったので、よりいっそう楽しく読めた。

想像とは違っていた。もっと華やかな感じと思っていた。

でも、なんだかよかった。好きになった。


以前からこの本も欲しいとは思っているのだが、なかなか手が出ない。


 

★ブログ村のランキングに参加しています。クリックいただければ幸いです。★
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

Comment 2

IHにて鉄のフライパン生活はじめました「極」

キッチン改善 2013/08/03

ちょっと前くらいから、鍋類、特に高温になるフライパンの

テフロン加工だのフッ素加工だのはよくないというのを見聞きしていた。

色んな説もあるようなので、実際のところはよくわからない。




我が家は鍋1つとフライパン大小あわせて2つ(我が家の全て)が

そうした加工物だ。

確かに1、2年経つと底がはげたりの劣化があり、使いづらくなる。

ネットでいろいろ読んでから見てみると、うちのフライパン&鍋、

悪いもんをいっぱい放っているような様に見える。

すでにだいぶ傷んでいる感じ。


我が家のはとっくに買い替えるべき状態になっているようだった。

さあどうする。

テフロン加工やフッ素加工がダメだというのなら、どうすりゃいいんだい。

ネットでいろいろ調べたり、近所の調理器具屋さんで相談したり。


そこですすめられたのが鉄のフライパン。


私はたぶん鉄のフライパンを所持したことがない。

鉄のフライパンは油を塗ってから仕舞うと聞いたことがあり、

それは自分にはできそうにないことであった。少々抵抗もある。

そして鉄のフライパンはIHではムリと思っていた。



「極(きわめ)」ならその2点はクリアでき、

非常におすすめであるとのこと。

テフロンやフッ素じゃない加工フライパンもあるのだが、

どれだけ質のよいものでももって2、3年くらいだそう。

鉄なら一生。

よっぽどのことがない限り、二度と買い替えなし!

魅力的すぎる。


鉄のフライパンを買うなんて頭になかったので戸惑った。

注意点はいくつかあるという。

・毎回使う前に「油返し」という作業をすべし

 メーカーサイトに動画あり。 → リバーライトのHPへ

・使用後料理を入れたまま放置せずすぐに洗う

・亀の子たわし等で洗剤を使わずに洗って水気をとばす


すぐに洗うことや洗剤を使わずに洗うことはなんとかなりそうだが、

今までに経験のない油返しが難題だ。毎回できるだろうか。


しばらく悩んだのだが、結局鉄のフライパンを買うことにした。

周囲の「たいへんだけど、おいしいよ~。目玉焼きですらおいしくなる。」

「鉄のフライパンで焼く餃子最高!」

「男のフライパンは鉄!」などの声に後押しされた形だ。



次の課題は大小のフライパン両方とも鉄にするか否かだ。

弁当作りもするし、少人数家庭だからか小さいフライパンの使用頻度は高い。

いっそ両方とも鉄にしたほうが、混乱がないのでは。

いやいや、朝ダンナが使うことが多い小フライパン、朝っぱらから油返しとかどうなのか。

使用した後すぐに洗って…とか大丈夫?

面倒がってもう作ってくれなくなるかも。


弁当作りでばたばたしてペー子を送って行って…あ、フライパン汚れたままだった!!

なんてことになりそうなのは私だ。

朝弱いからぼーっとしているし、ちゃんと扱えそうな気がしない。



というわけで小フライパンはナノセラファインぺブルを。


セラミックコーティングだそう。

2年経ったら買い替えかと思うとなんだが、背に腹はかえられない。



そんなわけで我が家のフライパン大小が一新された。

使い心地はそのうち記事にしようかと。


にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
上記バナーをクリックすると、
ブログ村のランキングで「だらだら日記」に一票投じられるとともに、
該当カテゴリーのランキング上位ブログ一覧が表示されます。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

Comment 2

今更盛りつけに興味をもったわけ。

キッチン改善 2013/07/30

外食が好きだ。

以前は外食と言えば一にも二にも居酒屋であった。

お手頃価格で飲めればいい。

肴がうまけりゃ尚いい。




しかし、ペー子を産んでからのここ数年は夜の居酒屋よりもランチに行くことが増えた。

ペー子が入園してからは日中自由がきくこともあり、特にランチ頻度が増えた。


あちこち行くごとに、この店はすごくいいなと思ったり、そうでもなかったり。

おいしいかどうか、お店がきれいかどうか、お店の人の感じがいいか、

それだけじゃない何か違いがある。

それはなんなんだ。



そうか、盛り付けか。


お皿(とそこに盛り付けられた料理)自体がかっこいいというか、

いい雰囲気であることに自分が価値を見出していることが判明。

そんなこと、今まで考えもしなかった。



居酒屋なんかだと、特に若い子向けのところでは、

盛り付けだけはかっこよくて味はイマイチといった子どもだましに遭遇してがっかりしたり。

そもそも酔っぱらっているのもあるのか、盛り付けのことなど考えもせずにつまんでいた。

それより味と量でしょと思っていた。


年とったのもあるのだろうか。

「わあおいしそう」と目でも味わうようになったということか。



▽吉佐美で食べたハンバーガー。盛り盛りでテンションあがる。
IMG_130730dara0001.jpg


でも盛り付けの基本を知らないので、

なんとなくいいな~、そうでもないな~くらいしかわからない。

いい悪いの何か決定的に違いがあるはずだ。


盛り付けの基本ってなんだろう。知りたい。




で、本買った。


・こんもり盛る

・焼き魚のあしらいものは手前に置くなどの料理ごとのルール

・余白が多いとエレガントになる、余白少な目でダイナミックな印象などの
 お皿と盛り付けの関係

・配色を考える

・基本となるお皿の説明(洋食器、和食器)

前半は、なるほどなるほどと思うような基本的なことがたくさん載っていてすごく参考になる。

後半は、そ…そんなすごいことできないといったレベルになってきてしまうのだけど、

眺めるだけでも楽しい。


これを読んだからといってすぐに上手になるわけじゃないのだけど、

最初の一歩を踏み出せた感じ。

盛り付けのときにちょっとこの本を開いて、真似できなかったとしても、

意識してみる。


いいなと思うお店は、きっと盛り付けの基本ができているのだろうなと感じた。

自分では実践できなかったとしても、知っているのと知らないのでは大違い。

覚えるのは難しいが、ちょくちょくこの本を開こうと思う。



昨夜は焼きナスを食べた。

こんもり盛ってみたが、冷えたナスが妙にうまくてがっついてしまい、

皿の上はあられもない姿に。

おいしくて何より。




▽地元で千円ランチのメイン。実物はもっといい感じ。写真の腕も必要だ。
IMG_130730dara0002.jpg


にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
上記バナーをクリックすると、
ブログ村のランキングで「だらだら日記」に一票投じられるとともに、
該当カテゴリーのランキング上位ブログ一覧が表示されます。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

Comment 2

来た来た、食器たちがやってきた!

キッチン改善 2013/07/18

美濃のちゃわん屋さん 古林恩羅院から食器たちが届いた。

ワクワク。

早速ペー子と一緒の昼飯で使ってみた。

盛り付けについては不問で。ここは使い勝手のみをチェック。
IMG_1307180002.jpg

新粉引6.0皿 19.2×2.8cm 


このサイズの皿はじめて。
IMG_1307180001.jpg

今まで何故持っていなかったのか、と思うほど日常の皿としてしっくりきている。

直径19cmくらいの和皿が、我が家のメイン皿としてぴったりだったのね。



ペー子はすぐに「見たことないお皿だね」と気づいた。

やるねえ。関心があるということだ。


今日は明後日の花火大会用に米・野菜・酒やらを

とにかく沢山持ってダンナのおかあさんが来てくれた。

そこで、おやつのおはぎを新しい食器で出してみた。

撮り忘れたが、今まで我が家になかったようなよい雰囲気を出していた。いいね。

青白花型5.0皿 16×3.5cm  さざなみ白三角浅鉢 16×14×4.5cm
 

うれしいなあ。気分があがるなあ。




デュラレックスのビバ23cm。
IMG_1307180004.jpg

フルーツポンチ用に使う予定の容器とまとめて撮影。

ビバ23cmだけでは足りないと思われるので、行楽弁当箱と両方でフルーツポンチを仕込む。

器やスプーンは100均のものを使用する予定だ。


今日は花火大会の宴準備を少し進めた。

冷蔵庫の整理、車が必要な買い出し、器の決定と準備、前日当日買い出しメモなど。

今回買った食器たち(発注記事)もあちこちで使いたいので、もう少し考えてみよう。




にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
上記バナーをクリックすると、
ブログ村のランキングで「だらだら日記」に一票投じられるとともに、
該当カテゴリーのランキング上位ブログ一覧が表示されます。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

Comment 0

切り身魚の照り焼き、盛り付け向き

キッチン改善 2013/07/16

ここのところ食器のことばかり考えていた。

そしたら今まではぐちゃぐちゃだった盛り付けのことも

気になり始めるわけで。

最近その手の本を読みまくってるわけなのだけど、

身に付いているかどうかというのは別の話。



今夜のさわらの照り焼きでどうしたもんかと…。
IMG_130716dara0001.jpg

どっち向きが正解?

皮は表?

上の切り身はまだいい。だいたいこんなもんじゃない?

問題はべろんと大きくて片側全面皮といった風情のこちら↓

ふっくらと焼けた大きな切り身。
IMG_130716dara0002.jpg

ダンナ用にしたのだが盛り付けがどうにもならない。

なんだかへん。


正解はどんなのだ?検索かけてみよう。

ニッスイ活き活きおさかなスクール

これをみると、1枚目の画像の切り身はよさそうな気がする。

2枚目のほうはわからない。逆かな。



他にもいろいろつっこみどころはあるだろうけど(かぼちゃがぐだぐだとか)

今夜は魚の向き問題だけに絞らせていただきたい。


食器のことも、盛り付けも、料理も、私には難しいことばかり。

素養もないまま40歳。

まあ、でも、とりあえず試してみたり調べてみたりくらいはしてみようと思う。

少しずついい感じになっていくはず。


図書館から借りて読んでた「一生使える器選び」にも魚のことのっていた。


魚は頭が左。切り身なら皮を向こうに盛る。


了解した。今後忘れないようにする。

忘れないようにしたい。

忘れちゃいそうだな。



この本、器の目利きや扱い方など本格的な話だけでなく、

最初にそろえたい和食器や、使い勝手の良い器のこと、

無地の器はプロでも善し悪しを見分けにくい、など

ド素人でも参考になるページも多く、楽しくふむふむと読める内容であった。

覚えておいたりはできないところが私の弱点だが。



にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
上記バナーをクリックすると、
ブログ村のランキングで「だらだら日記」に一票投じられるとともに、
該当カテゴリーのブログの上位ランキングが表示されます。
お気に入りのブログが見つかるかも。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

Comment 0
| ホーム |
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

OTHERS

TAG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。